トイ・プードル Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 糸の危険性 ( 縫合糸反応性肉芽腫 )

<<   作成日時 : 2007/12/28 20:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

縫合糸反応性肉芽腫とは・・・
避妊手術や去勢手術の時に
卵巣や子宮、精巣の血管などを縫合した糸が原因で
しこり(肉芽腫)ができる病気だそうです。

縫合糸反応性肉芽腫についての詳しい内容は
こちらのサイトへ 
※ 手術の写真が掲載されていますので…
   苦手な方は見ないでくださいね。


フローラの避妊手術の時、
私達は『 体内に残る糸は、溶ける糸を使う 』 と
人間の手術と同じように思っていたので・・・
獣医さんに、事前に確認することもなく
手術をお願いしました。

手術が無事に終わり… 抜糸も済み…
傷口も綺麗になってきて
よかったぁ〜 一安心とホッとした頃…
『 にほんブログ村 』 に参加されている方の
ブログ記事 《 縫合糸反応性肉芽腫 》 を拝見し
とても驚きました。

フローラが手術した病院は、
溶ける糸を使う病院でしたが・・・
( お友達、ありがとう。。。 )
外科用の絹糸を使う病院もあるそうなので
避妊手術や去勢手術を受ける前に、
是非 獣医さんに確認&相談されることを
お勧めします。 


 ととままさん からのバトンです 

糸の危険性知ってください。

あまり知られていることではありませんが、
去勢、避妊手術では体の中に糸を残します。
内臓に近いところに異物を残すんです。
溶ける糸を使っていると思われると思いますが、
「絹糸」を使う病院もまだまだ多いのです。

この「絹糸」とても危険です。
「絹糸」を使うことによって起こる病気があります。
もちろん、手術を受けた皆におこる訳ではありませんが、
特にダックス、
といってもダックスだけにおこるわけではありません。

縫合糸肉芽腫または脂肪織炎といって、
体の脂肪が壊死したり、糸のまわりに肉芽腫が出来、
内臓にとても悪い影響を及ぼします。
もちろん、避妊去勢手術が悪いことではありません。
乱繁殖の防止、もちろん病気の防止にもつながります。

ただ、この危険性も知っていて欲しいのです。
手術を受ける際、先生とよく話し合ってください。
「絹糸」を使うといわれたら、一番アレルギー反応が
少ない糸に変えてもらってください。
ただ、この病気「絹糸」だけで起こる訳ではありません。
稀に溶ける糸でもアレルギーになる子もいます。

それでも「絹糸」の危険性はかなりのものですので、
一番安全な糸を使うように獣医さんにお願いして下さい。

この病気によって命を落とした子もいます。
その子たちの為にも、糸の危険性を知っておいて下さい。
そして、この病気になる子がいなくなる日を
心より願っています。




少しでも、多くの方に 「縫合糸反応性肉芽腫」
糸の危険性を伝えたいと思い・・・
バトンを受け取りました。
ブログを読んでくださっている みなさま、
もし、よかったら バトンを回してくださいね。
どうぞよろしくお願いいたします。

画像



プードルのランキングに参加しています。
可愛いプードルちゃんが、いっぱいですよ〜
ポチッとクリックしていただけると嬉しいです
   
にほんブログ村 犬ブログ プードルへ      ヽ(*^ー^)人(^ー^*)ノ
         いつも 応援ありがとうございます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
☆ ランキング不参加 ☆ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
画像



☆ 2009年 2月23日に
おすすめブログとして
トイ・プードル Diaryが
紹介されました (*^▽^*)
糸の危険性 ( 縫合糸反応性肉芽腫 ) トイ・プードル Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる