トイ・プードル Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 検死。。。

<<   作成日時 : 2015/04/24 10:30   >>

トラックバック 0 / コメント 0

自宅で過ごしたい。。。

父は、延命治療をしない…と希望していたので
(リビング・ウィルに、署名していました)
胃瘻の手術や延命のための点滴はせず、
腰の痛みを緩和する注射や内服薬だけ。。

認知症が進み… 寝ている時間が多く…
医師との会話は出来ますが・・・
ウトウトしている時に注射を打っても気が付きません。。

病院での採血時(意識は、はっきりしています)
血管が細いため、何度も針を刺され痛くても
2分後ぐらいには、採血した事を忘れてしまっていました。

ケアマネージャーと相談しながら
介護サービスを徐々に増やして
母と二人 自宅で過ごしていた父ですが・・・

21日が祝日で、かかりつけの医師と連絡が取れず
(訪問看護師は、ケアマネに依頼中で 未契約)
救急車で 今年 1月に通院した総合病院へ行きましたが
処置中に亡くなってしまい・・・
病院では、死亡原因がわからないため死亡診断書が書けないと…
警察へ連絡することになってしまいました。

主人、甥(孫)も来てくれて・・・
家族が揃い 悲しい気持ちの中
警察官や検察官に、いろいろと詳しく事情を聞かれ
父は、検死に。。。

死因がわからないって、老衰でしょう?と家族全員が思っても
事件性はないか 自殺・他殺・事故死を疑うようです。。
(死因を明らかにするため)

外傷が無いので、事件性はないと思いますが・・・
監察医の判断で解剖する場合もあります… と言われた時には
本当に驚きました。。。

解剖なんて同意できないし、してほしくない と
監察医へ 私達家族の気持ちは伝えてもらいました。

画像


葬儀会社へ連絡し、父は病院から監察医の所へ
父を見送った後、自宅を見せてほしいと…
警察官 2名 検察官 2名が、実家へ来ました。

自宅の外観から 父の部屋 他の部屋
父が身に着けていた物を写真に撮り
生命保険、父の財布、飲んでいた薬などを確認

部屋の中はもちろん ベッドも、父が飲んだ飲み物も
救急車を呼んだ時のままの状態だったので
何も動かしてなくて良かったです。。。
(綺麗に片づけていたりすると、状況説明が大変だったかも)

どのように介護していたのか・・・ 家族の行動も…
3月 15日 ショートステイから帰宅
3月 17日 往診(内科)
3月 20日 往診(歯科)

医師・介護サービス会社の確認

警察の事情聴取は、父が亡くなってから 4時間後に終わり
検死が終わったとの連絡は、7時間半後にきました。

死因は、脳出血… 解剖はしていませんとの事。
(後頭下穿刺を行ったようです)

検死費用は、全額 家族負担で・・・
交通費なども含め、後日 葬儀会社へ支払いました。

老々介護(介護サービス)へ続きます

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

☆ ランキング不参加 ☆ にほんブログ村 犬ブログ プードルへ
画像



☆ 2009年 2月23日に
おすすめブログとして
トイ・プードル Diaryが
紹介されました (*^▽^*)
検死。。。 トイ・プードル Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる